岡崎にお住まいの方で弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください。

弁護士法人心

Pick Up サービス

弁護士法人心の業務内容

  1. 続きはこちら
  2. 続きはこちら
  3. 続きはこちら
  4. 続きはこちら
  5. 続きはこちら

選ばれる理由一覧はこちら

弁護士法人心が選ばれる理由

多くの方にご好評いただいている,当法人の取り組みについて説明しています。弁護士事務所をご検討される際のご参考にしていただければと思います。

お客様相談室

ご意見はお客様相談室までご連絡ください

皆様により安心してご依頼いただけるよう,お客様相談室を設置しています。当法人へのご意見がありましたらお気軽にご連絡ください。

電話相談について

Q&A一覧はこちら

ご質問一覧はこちら

当法人に寄せられたご質問とその答えを掲載いたしました。皆様の疑問や不安を解決するためのお役に立つことができればうれしく思います。

お役立ち情報一覧はこちら

法律問題や弁護士についての情報

弁護士にご依頼いただくにあたって,知っておいていただくとよいことなどをまとめています。お役に立つ情報があるかもしれませんので,どうぞご覧ください。

新着情報

弁護士法人心のお知らせ

こちらでは当法人の休業日などをお知らせしています。そのほか様々なお知らせをこちらに掲載しておりますので,気になる方は一度ご確認いただければと思います。

弁護士紹介へ

弁護士が真摯にお話を伺います

皆様の現状やご要望をしっかりとお伺いし,より良い解決を目指してサポートさせていただきます。まずはご遠慮なく弁護士にご相談ください。

スタッフ紹介へ

スタッフも陰ながらサポートいたします

ご予約のお電話はスタッフがお伺いいたします。丁寧に対応いたしますので,弁護士事務所のご利用が初めての方もご安心ください。

ご依頼・ご来所をお待ちしています

当法人はすべての事務所が駅の近くにあります。岡崎にお住まいで弁護士をお探しの方もお気軽に当法人をご利用ください。

弁護士の担当分野制

  • 文責:弁護士 山田燿平
  • 最終更新日:2021年7月27日

1 担当分野制とは

日本にある法律事務所は、所属している弁護士の数が1人~3人ほどであるということが多く、このような事務所では、基本的に1人の弁護士が様々な種類の法律相談に乗り、様々な種類の法律案件をこなしています。

一方で、弁護士が各人の担当分野を持ち、その分野の相談や依頼を集中的に取り扱う法律事務所もあります。

後者のような弁護士が各人の担当分野を持っている事務所は、近年でもあまり多くはないのではないでしょうか。

特に、所属する弁護士数が少ない法律事務所では、特定分野にだけ集中していると他の分野を全くこなすことができなくなってしまうというリスクがあるため、担当分野制を採用している事務所は少ないように感じます。

2 弁護士法人心の担当分野制

弁護士法人心は、45名以上の弁護士が所属しており、各弁護士が、相続、交通事故、債務整理、労働問題、企業法務、障害年金、刑事事件などといった担当分野を持って、その分野の相談や依頼を集中的に取り扱っています。

3 弁護士法人心が担当分野制を採用する理由

弁護士が取り扱うことができる業務の範囲は広いため、すべてに精通して案件をこなすことは現実的ではありません。

弁護士法人心では、特定分野についての専門的な知識やノウハウを蓄積することこそが、ハイクオリティ・ハイスピードを実現し、本当の意味でお客様にご満足いただける方法の一つなのではないかという思いから、弁護士ごとの取扱いの分野を絞って、担当分野制を採用しています。

4 弁護士法人心までお気軽にご相談ください

ご自身がお悩みの問題について、弁護士がお力になれるかもしれません。

法律問題でお悩みの方は、一度、弁護士法人心までお気軽にお問い合わせください。

弁護士法人心の強み

  • 文責:弁護士 山田燿平
  • 最終更新日:2021年3月22日

1 弁護士は担当分野制で集中特化

弁護士法人心の弁護士は、一人ひとりの弁護士があらゆる分野を扱うということはしていません。

相続・交通事故・借金・中小企業法務などの分野について、担当する弁護士を分けて対応しています。

これは、取り扱い分野を定めた方が、圧倒的に多くの経験を積むことができ、よりクオリティの高い業務の提供を目指しているからです。

例えば、医師の世界で「○○科」というように各専門分野に分かれているように、弁護士法人心では弁護士も担当分野を分けて対応すべきと考えています。

2 弁護士の定期的な研修・研究会を毎月実施

法令や裁判例は毎日のように変わっていきますので、常に最新の情報を入手し、研鑽を積まなければクオリティの高い結果を出すことはできません。

そこで、弁護士法人心では、弁護士の担当分野別に研究会や全弁護士が参加する研修など、年間120回以上の研修を行うことで、徹底的にクオリティにこだわっています。

3 お客様相談室やアンケートで弁護士に対するご不満にも対応

弁護士法人心では、お客様相談室を設置させていただくことで、万が一、当法人の弁護士の態度振る舞い等やそれ以外の点について、ご不満や改善をご希望される場合に速やかに対応できるようにするため、お客様相談室を設けさせていただいております。

また、ご依頼を受けてから複数回アンケートを採らせていただくことで、お客様相談室に電話しづらい、なかなか言いづらいといった方の忌憚のないご意見も頂戴できるような体制を整えさせていただいております。

弁護士業務も、接客業・サービス業ですので、お客様からのどんな些細なご意見もすぐに法人全体に反映し、対応改善に努めさせていただいております。

4 電話・テレビ電話相談にも対応

弁護士法人心は、お電話でのご相談やインターネットを利用したテレビ電話相談にも対応できる環境を整えさせていただいております。

ですので、ご自宅からでもお気軽にご相談いただくことが可能です。

なお、弁護士法や弁護士会のルールなどの理由で、直接面談をしなければならない案件もございますので、その点のみご了承いただければと思います。

弁護士との相談で損をしない方法

  • 文責:弁護士 山田燿平
  • 最終更新日:2021年1月12日

1 法律相談料を把握する

多くの弁護士事務所では、日本弁護士連合会が定めていた旧報酬基準を参考に、30分5500円(税込)との法律相談料を定めているところが多いようです。

ただ、弁護士事務所によっては、得意分野の案件は相談料を無料としていたり、逆に得意分野であるからこそ高めに相談料を設定しているところもあるようです。

何か一律の基準があるわけではありませんので、弁護士に相談される前に、法律相談料を確認することをお勧めします。

2 弁護士に相談する前の準備が大切

相談時間はあっという間に過ぎてしまいますので、貴重な時間を無駄にしないためにも、事前の準備が大切です。

⑴ 出来事を時系列で整理しておく

あらかじめ、時系列で整理したメモをご用意いただけるとスムーズに進みます。

なかには、ご自身が聞きたいことだけを質問し、答えてもらえる方が時間はかからないと思われている方もいます。

しかし、弁護士は、相談者の置かれている状況・前提、そこに至る過程を把握しなければ、正確な回答ができないことも決して少なくありません。

もしそのようなことになれば、誤った回答・アドバイスをすることになりかねません。

弁護士が正確な回答を素早くできるようにするためには、相談日までの出来事を時系列で整理し、箇条書きしておくことがお勧めです。

⑵ 人物関係図を用意しておく

当事者が二人しかいないような場合は、人物関係図まで作成する必要はありません。

ただ、三人以上の場合は、当事者の関係が複雑になりますし、誤解を生む可能性が高くなりますので、人物関係図をあらかじめ準備されることをお勧めします。

人物関係図を作成する際には、当事者間の関係性を一言メモするとより伝わりやすくなります。

例えば、親・子、子が複数の場合は長男・長女、会社の上司・部下、加害者・被害者など、このようなメモがあると弁護士は案件の内容を把握しやすくなりますので非常に助かります。

⑶ 関係がありそうな書類はすべて持参する

ご自身の判断で持参される書類を選択するのではなく、最初のご相談時にすべてご持参ください。

書類の量が多かったとしても、弁護士は慣れていますので、関係のある書類・ない書類を短時間で判断することができます。

むしろ、書類をご自身で選択されると、相談される方の恣意的な判断が入ってしまうため、かえって正確に判断することができなくなってしまう場合もあります。

3 ご心配な方はあらかじめお問い合わせください

他にも準備した方がよいことはないか、案件の内容によっても異なる点がありますので、ご心配な方は、あらかじめ弁護士事務所にお問い合わせされてから、ご相談されることをお勧めします。

弁護士にかかる費用

  • 文責:弁護士 山田燿平
  • 最終更新日:2020年11月24日

1 法律相談料

弁護士に相談する際には、法律相談料がかかることがあります。

事務所にもよりますが、30分5500円(税込)で行っているところが多いようです。

ただ、案件の内容・種類によって法律相談料を無料にしているところや、初回30分無料にしているところもありますので、まずはお電話で法律相談料の金額をご確認ください。

また、相談後、受任した場合は相談料をお値引きしてくれることもありますので、弁護士にご相談ください。

2 着手金

弁護士が案件に着手するとかかる費用です。

通常、裁判による解決は、半年以上かかることが多く、案件の内容によっては1年以上解決までにかかることもあります。

完全成功報酬制の場合、その間、報酬が一切入らないとなると、弁護士事務所の経営そのものに影響しますので、数万円から数十万円程度の着手金を設定しているところが多いようです。

ただ、弁護士の報酬は現在では完全に自由化されておりますので、弁護士事務所によっては、完全成功報酬制にしており、着手金を一切請求していないところもありますので、ご相談時に弁護士にご確認ください。

3 成功報酬

案件解決時にかかる費用です。

多くの弁護士事務所では、依頼者の方が得た経済的利益の何%+αという金額を設定しています。

敗訴した場合には報酬が発生しないところもあれば、最低限の報酬金を定めている事務所もありますので、ご相談時に弁護士に確認し、契約書に盛り込んでもらうことが大切です。

4 実費

証拠収集や相手方と交渉するために使う交通費や裁判所に訴状や準備書面を送るための郵送費・FAX代・紙代などがあります。

あまり気にされない方も多いのですが、案件が長引きますと、決して少なくない額の実費がかかりますので、どのような実費があり得るのか、弁護士に確認しましょう。

5 契約書に明記してもらいましょう

当然ですが、弁護士がお客様からいただく報酬は、契約書に明記しなければなりません。

これは、日本弁護士連合会の定めた弁護士職務基本規程30条1項でも明記されていますので、弁護士はこのルールを厳守しなければなりません。

ですので、万が一、ご相談にいかれた弁護士事務所が契約書に報酬や報酬の計算方法を明記してくれなかったり、契約書に記載のない請求書を送ってくるようなことがあれば、お近くの弁護士会に相談されることをお勧めします。

弁護士の探し方

  • 文責:弁護士 山田燿平
  • 最終更新日:2020年10月16日

1 得意分野を集中的に取り扱っている弁護士を探しましょう

弁護士は,すべての法分野を取り扱うことができます。

しかし,医師も内科・外科・皮膚科などの専門分野にわかれ,それぞれの得意な分野を集中的に取り扱っているように,弁護士もそれぞれの得意とする分野は異なります。

そこで,ご相談されたい分野を集中的に取り扱っており,得意とする弁護士に相談されることをお勧めします。

2 専用のホームページがあるか

インターネットで弁護士を探される場合は,相談したい分野の専用ウェブサイトがあるかどうかが一つの目安となります。

例えば,交通事故であれば交通事故用のウェブサイト,離婚であれば離婚用のウェブサイト,相続であれば相続用のウェブサイトが設けられているかどうかが一つの判断材料となります。

集中的に取り扱っている場合は,専用のウェブサイトに,なぜその分野を得意としているのか,理由が記載されているかと思いますので,その理由が判断材料の一つとなります。

3 市区町村役場の無料相談を利用する

多くの市区町村役場では,各地域の弁護士会と連携して,無料の法律相談を行っています。

ただ,市区町村役場の無料法律相談は,1回あたりの法律相談の時間が30分以下に設定されているところが多く,納得のいく説明を求め,回答を得ることまでは難しいかもしれません。

また,相談を担当する弁護士も持ち回りで行っていますので,必ずしもご相談された分野に詳しい弁護士が担当しているとは限りません。

そこで,そもそもご自身の相談がどの士業に相談すれば解決できる内容なのかわからない,どの分野に強い弁護士に相談すべきかわからない方は,今後の方向性を示してもらうため,このような無料法律相談を利用されることもお勧めです。

4 無料相談を行っている弁護士事務所に電話してみる

弁護士事務所のなかには,初回のご相談を無料で行っているところもあります。

まずは,無料相談を利用し,弁護士の人柄や説明のわかりやすさ等を確認されることをお勧めします。

弁護士事務所のなかには,得意とする分野でなければ責任を持った回答ができないため,無料相談の相談分野を定めているところもありますので,ホームページや電話でその点を確認したうえでご利用されることをお勧めします。

弁護士と司法書士・税理士・行政書士との違い

  • 文責:弁護士 山田燿平
  • 最終更新日:2022年8月5日

1 司法書士の業務

⑴ 登記業務が主な仕事

司法書士は、登記手続の代理業務が主な業務内容です。

不動産を購入したり、住宅のローンを申し込んだり、土地や建物を相続したときに法務局で登記手続を行いますが、司法書士はこの登記手続の代理業務を行うことができます。

⑵ 登記業務以外の仕事

成年後見人業務を行ったりしている方もいますし、法務大臣の認定を受けた「認定司法書士」であれば、目的物の価額が140万円以下であれば簡易裁判所で代理が可能です。

2 税理士の業務

⑴ 税務代理と税務相談が主な仕事

税理士は、納税者の申告に関する相談に載ったり、代わりに申告書を作成したりすることが主な業務内容です。

⑵ 税務代理・税務相談以外の仕事

それ以外には、記帳代行業務を行っているところも多いです。

記帳代行は、納税者である会社や個人事業主の領収書や請求書等の資料に基づき、伝票や現金出納帳や仕訳帳等の帳簿を作成することをいいます。

自社の経理スタッフが記帳を行っている会社もありますが、税理士にすべて任せて代わりに行ってもらうことも可能です。

3 行政書士の業務

飲食店を始めたり、建設業を行ったりする際には、市区町村や国に許認可申請をしなければならないことがあります。

行政書士は、このような官公庁に提出する書類の作成や提出代理を行うことができます。

4 弁護士の業務

弁護士は、これらの司法書士・税理士・行政書士の業務をすべて行うことができます。

税理士の業務を行う場合は、税理士会への届出が必要になりますが、届出を行えば、税理士の業務を行うこともできます。

さらに、これらの士業と異なり、弁護士は唯一、裁判で本人を代理して訴訟手続を行うことができます。

裁判にならない限り、弁護士に相談する必要はないと勘違いされていることも非常に多いのですが、実際には、裁判にならないようにするための予防方法を一番よく知っているのは弁護士です。

そのため、法的なご相談をお考えの場合や裁判の可能性がある場合等は、まず弁護士に相談されることをおすすめします。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

法律問題のお悩みは弁護士法人心へ

お気軽にご相談ください

当法人は,皆様にお気軽にご相談いただけるよう,平日夜間や土日祝日も法律相談を受け付けております。

平日のお昼間はなかなか時間が取れないという方にもお越しいただきやすいかと思いますので,弁護士をお探しの方は当法人までご連絡ください。

相談日のご予約はフリーダイヤルにてスタッフが承りますので,お気軽にお電話ください。

お悩みの分野を得意とする弁護士がお話をお伺いします

弁護士法人心は,弁護士の「担当制」を導入しています。

事故のお悩みであれば交通事故の問題解決を得意とする弁護士が,借金のお悩みであれば債務整理を得意とする弁護士が,それぞれ担当としてお話をお伺いいたします。

お悩みに対し適切なサポートをご提供できるよう,知識と経験を活かして全力で対応させていただきますので,まずはお気軽にご相談にお越しください。

岡崎にお住まいの方からのご相談も,一同お待ちしております。

お問合せ・アクセス・地図へ